病気予防に効果的なピーマン 2022.6.28

今回はピーマンについてのおはなしです

ピーマンはビタミンCが豊富で、大きめのものはレモン1個分のビタミンCが含まれているといわれています。

独特の青臭さのもとである、香り成分のピラジンには血栓を防ぎ、動脈硬化を予防する効果があると期待されています。

 

豊富に含まれる栄養素

ピーマンの成分として、βカロチンやビタミンC・Eが豊富に含まれています。

緑色の色素成分のクロロフィルも豊富に含まれています。

また、緑色のピーマンが完熟した状態の赤ピーマンにはカプサンチンが含まれます。

 

ビタミンCは、風邪予防や肌の調子を整えるのに効果的です。

ピラジンは血流の流れを良くする働きがあります。

クロロフィルには抗酸化作用があるといわれていて、生活習慣病などを予防する効果が期待されます。

赤ピーマンのカプサンチンには抗酸化作用があります。

ピーマンのビタミンCは葉野菜に比べて加熱に強く、また、炒め物にすると脂溶性のβカロチンの吸収力もアップします。

細胞が崩れると独特の青臭さが際立つため、細胞の並びに沿って縦に切りましょう。

 

※今回の記事は飯田薫子先生寺本あい先生著書「きちんとわかる栄養学」を参考にしました。

カテゴリー:日記
タグ:,

株式会社ニュー・ヘルスフーズ

[本社]
〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩1354-14
カリンビル301
TEL:055-989-1270
FAX:055-989-1271
メールアドレス

[工場]
〒421-0206
静岡県焼津市上新田919-2
TEL:054-662-1551
FAX:054-662-1552

株式会社ニュー・ヘルスフーズではお客様の健康維持のための商品を開発・販売しています。

↓