老化と腸内細菌フローラについて2020.9.28

腸内細菌について

私たちの腸の中には膨大な数の細菌が棲みついています。

その数は100兆~1千兆個、種類にして100~3,000種類ともいわれています。

腸内細菌の群れは「腸内細菌フローラ」とも呼ばれています。

腸内細菌の働きで主なものとして

・免疫力を高める

・体内酵素を作り出す

・外界から侵入した細菌や毒素を腸内で排除する

・化学物質を分解する

等々あります。

中でも体内酵素を作ることは腸内細菌の重要な役割になっています。

体内酵素の欠乏や消耗は老化や病気に繋がります

また、老化腸内フローラには相関関係があって、

特にビフィズス菌は加齢とともに減少していきます。

ですから長寿を目指すのであれば、良い腸内細菌を育てていく必要があります。

今現在、腸内細菌のバランスが悪く、本来の腸内細菌の役割が発揮できない場合でも、

生活習慣や食習慣を見直すことで数日から数か月で腸内環境を整えていく事は可能です。

 

腸内細菌には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3グループに分かれます。

善玉菌は強い抗酸化物質を含んだ体を健康に保ってくれる有益な菌です。

乳酸菌やビフィズス菌が代表格です。

一方悪玉菌は有害菌でウエルシュ菌などがあります。

未消化の肉類などのタンパク質を腐敗されて毒素を発生させ、

免疫力の低下や老化を促進させます。

善玉菌が増えると腸の調子が良くなるほか、免疫力が向上し、病気にかかりにくくなります。

悪玉菌が増えると腸の調子はダウン。

お腹にガスが発生し、生活習慣病のきっかけにもなります。

日和見菌は中間菌とも言われ、中立的な立場をとっています。

善玉菌が優位に立っていれば善玉菌につき、悪玉菌が優位に立っていれば悪玉菌につく。

日和見菌ってそんな感じです。

 

その日和見菌が腸内細菌の大多数を占めているため、

腸は日和見菌の動静に大きく左右されるということになります。

腸内の日和見菌を悪玉菌に転化させない様に努力していく事が大切になってきます。

 

そのためには、

・よく噛んで食べる

・良い水を飲む

・ストレスをため込まない

等を心がけていきましょう。

 

※このブログは診断や治療、医療のアドバイスを提供しているわけではなく、情報のみを提供しています。このブログの情報は医療専門家からのアドバイスに代わるものではありません。

カテゴリー:日記
タグ:, , , , ,

株式会社ニュー・ヘルスフーズ

[本社]
〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩1354-14
カリンビル301
TEL:055-989-1270
FAX:055-989-1271
メールアドレス

[工場]
〒421-0206
静岡県焼津市上新田919-2
TEL:054-662-1551
FAX:054-662-1552

株式会社ニュー・ヘルスフーズではお客様の健康維持のための商品を開発・販売しています。

↓