コーヒー、睡眠

タグ:"コーヒー、睡眠" の一覧ページです。

コーヒーを飲むなら14時まで 2022.1.27

今回はコーヒーと眠りについてのお話しです

コーヒーは14時まで

「コーヒーは眠りに悪い」というのは多くの人は常識として知っているでしょう。

では、コーヒーは何時まで飲むのがいいでしょうか。

 

最近の研究では「コーヒーは14時まで」。

それ以降のコーヒーの摂取は、睡眠に影響を与える可能性があると言われています。

カフェインの半減期は、46時間です。

飲んで5時間経ってもコーヒーの半分のカフェインが体内に残っているということになります。

カフェイン分解には意外と時間がかかります。

 

カフェインの代謝には個人差がある

カフェインの代謝は個人差が大きいため、実際の半減期は210時間と人によってかなりばらつきがあります。

また、高齢になると代謝能力は低下します。

「私はカフェインに強いから、夜にコーヒーを飲んでも大丈夫」

という人がいますが、本当でしょうか。

アメリカ・ウェイン州立大学の研究によると寝る直前にカフェインを摂取したところ、計測では1時間も睡眠時間が短縮したにもかかわらず、その違いを睡眠日記に記載した人は一人もいませんでした。

つまり、カフェインによって睡眠時間が短くなっても、それを自分で自覚するのは難しいのです。

カフェインは「寝つきを悪くする」だけでなく、睡眠の質も低下させます。

「自分はカフェインに強い」と思っている人も、夜間のカフェイン摂取は避けるべきです。

 

カフェインが含まれる量

また、コーヒーや紅茶以外にも、ウーロン茶やコーラなどの飲料にもカフェインは含まれます。

コーヒー1杯(150ml)のカフェイン量は「90mg」。

ウーロン茶1缶(340ml)には「約68mg」含まれます。

コーラ1缶(350ml)は「約34mg」と少ないものの、飲み放題などで何杯も飲む人がいるので要注意です。

エナジードリンクは、細い缶(185ml)だとコーヒーと同程度のカフェインの量ですが、350mlや500mlの缶だとコーヒー何杯分ものカフェイン量を含みます。

疲れている時にエナジードリンクを飲む人は多いでしょうが、家に帰ってからも眠れなくなりますし、睡眠覚醒のリズムが破壊されます。

また、血糖値を急上昇させるので、日常的に飲むと糖尿病のリスクも増えます。

 

カフェインの代謝は個人差が大きいです。

現在、不眠症、睡眠障害などを抱えるひと、睡眠薬を飲んでいる人、ぐっすり眠れない人は「コーヒーの門限14時」を守った方がいいでしょう。

 

今回の記事は樺沢紫苑先生著書「ブレインメンタル強化大全」を参考にしました。


✔ 関連動画

■玄米パワーについて

■玄米胚芽について

カテゴリー:日記
タグ:, , ,

株式会社ニュー・ヘルスフーズ

[本社]
〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩1354-14
カリンビル301
TEL:055-989-1270
FAX:055-989-1271
メールアドレス

[工場]
〒421-0206
静岡県焼津市上新田919-2
TEL:054-662-1551
FAX:054-662-1552

株式会社ニュー・ヘルスフーズではお客様の健康維持のための商品を開発・販売しています。

↓