マリンO2

タグ:"マリンO2" の一覧ページです。

全身不調が改善 2021.10.27

体験談を頂きましたのでご紹介させていただきます。

30代 女性

 

来る日も来る日も、私の身体は深く沈んでいくような憂鬱な状態でした。

便秘が一週間続くことも多く、目覚めが遅く、家事もスピーディーに運ばず、一日中全身がだるいという状態です。

肩こり、歯痛、歯茎の出血、生理痛などもひどく、特に肩こりは身の置き所がない程で、夜も眠れない状態で、ゴルフボールを痛む部分に敷いて寝る始末でした。

小学四年の子供もアトピー性皮膚炎で、風邪ばかりひいていました。

昨年より目の痛みを訴えて眼科を受診したところ、視力が右〇.五、左〇.四、眼鏡をかけても視力が出ず、医師も首を傾げていました。

心の中では、自分や家族が健康になるためには早く何とかしなければと思うのですが、心が落ち込んでその行動力まで失っていました。

そんな時マリンO2と巡り合い、肉・卵・牛乳・糖分の摂りすぎだと教えて頂きました。

野菜中心の食事に切り替えて一年経ちますが、見違えるように身軽になり、血色が良くなりました。

子供の視力は半年位で、右一.五、左一.二まで回復し医師が驚いております。

風邪もひかなくなりアトピーの症状も随分軽くなってきました。

今では家族全員で野菜中心の食事、体を温める料理に留意して、食生活を改善するように努力しております。

これからも実践するように努めたいと思います。

 

※医薬品的な効能・効果を標榜するための体験ではありません

カテゴリー:体験談
タグ:

耳の不調が消えた! 2021.10.20

体験談を頂きましたのでご紹介させていただきます。

長野県 女性

私は幼少の頃より中耳炎を患い、耳垂れが毎日のように出ておりました。

気分が優れないままに数十年が過ぎ、家庭の気苦労も重なり、耳の痛みは増すばかりでした。

東京の病院へ時折通い治療を続けておりましたが、耳垂れが激しく、その上めまい・立ち眩みがし、立っているのも苦痛でした。耳の影響で匂いがしない、声を掛けられても返事もできず、特に耳の奥の痛みが激しくなりました。

地元の病院でレントゲンの検査を受けたところ、

「あなたは自分の耳を軽く考えているようです。これは大変なことです」と、

先生は私の耳の奥にがんの疑いがあることを聞かせてくれました。

それから転々と病院を変え治療を受けましたが、一向に良くならず苦しんでおりました。

その頃、友人からマリンO2を勧められました。

マリンO2飲用と生活習慣を見直したところ、最近では激しい耳の痛みはピタリと止まり、体調も良くなり今では家族全員がマリンO2の愛用者です。

がんの疑いと診られた耳も今はすっかり治り、元気ハツラツと毎日楽しく過ごしています。

もう一つ不思議な現象がありました。

それは頭髪がとても薄くヘアウィッグを付けていましたが、今は黒い髪がぞくぞくと生えてきたのです。

二重の喜びに、マリンO2ありがとう!感謝の気持ちで一杯です。

 

※医薬品的な効能・効果を標榜するための体験ではありません

カテゴリー:体験談
タグ:

脳内出血の主人が甦った 2021.10.13

体験談を頂きましたのでご紹介させていただきます

50代 女性

私の主人は、昨年九月に脳内出血で倒れ、意識不明のまま病院のICUに運び込まれました。

日頃健康そのものの主人が急に倒れ、救急車のあのけたたましいサイレンの音に包まれながら病院に運ばれる時の不安さは、今更ながら身の毛がよだちます。

医師の話では「ご主人は三途の川を渡って花園を越した人だよ、助かる見込みは2割位だよ」ということでした。

すぐにマリンO2の中の油だけを、意識を失っている主人の口へ、祈るような気持ちで流し込みました。

奇跡としか言いようがありません。

わずか一週間でICUから出られるようになったのです。

マリンO2を飲ませ始めて二週間目位より、泌尿器に直結しているベッドの下の容器に、尿に交じってなんとも形容しがたい不純物が大量に出てきて、驚いてしまいました。

その不純物が出だしてから、厚紙をはぐように急速に回復し始め、手や足が動かせるようになり、言語障害も日に日に良くなっていきました。

医師たちは毎日回診にきては首をかしげて、ただただ不思議だと言って帰る毎日でした。

三ヶ月目には自宅外泊ができるようになり、正月には家族全員自宅で新年を迎えることができました。

現在では完全に元の健康体に戻ったといえる位元気になりました。

ただただ感謝するのみです。

※医薬品的な効能・効果を標榜するための体験ではありません

カテゴリー:体験談
タグ:

奇跡をつくったマリンO2 2021.10.6

体験談を頂きましたのでご紹介させていただきます。

二十代 男性

 

「はっきり申し上げて胃がんです。すでに手遅れの状態で手術をしても無理でしょう」

医師の非情な宣告に、家中が暗くなったのは二か月前のことでした。

元気な母が珍しく風邪で床に伏し、治るころには下半身にむくみが出ていました。

そして精密監査を受けるつもりで入院したところ、まさかと思う宣告にどうすることもできず、ただ途方にくれていました。

その時、知人からマリンO2を紹介され、飲んでみるよう母に勧めてみました。

入院した当初は何を食べても吐いてしまう状態で本人も苦しんでいましたが、なぜかマリンO2は飲んでも吐いてしまうことがなく、この不思議な現象に「絶対にいい!」と確信し、毎日十粒を定量として様子をみました。

そのうちに、腹水のむくみが日増しに取れてくるのです。

小水の量が増えて一緒に排泄されて、一週間~十日のうちにすっかりむくみが無くなってしまいました。

マリンO2しか食べないのに、毎日お通じがたくさんあり、まるで腸の宿便が取れていくようでした。

本当に命の宣告をされた母なのか…。

日増しに元気になり、めまい貧血も一回もなく、体力が回復し顔色も良くなり、信じられませんでした。

「手術も不可能」と言われていた母の変化に主治医も驚いておりました。

体力もついたようだということで、入院して六週間目に手術をすることになりました。

マリンO2しか食べていなかった母が五時間近くの手術に耐え、回復も他の人よりも早く、傷口からの出血もほとんどなく、一週間目には歩行すらできるようになりました。

主治医も首をかしげて「こんなケースも珍しい」と母に話しており、今では化粧でもしたかのように顔色も良く、何を食べても無事に消化されています。

退院する日もあとわずかだと思います。

今になって、手術をした翌日、麻酔から覚めた母が「私は幸せ」と涙を流したあの言葉が、まさにマリンO2がつくった奇跡だと思えるのです。

 

※医薬品的な効能・効果を標榜するための体験ではありません

カテゴリー:体験談
タグ:

腎盂炎、アレルギー性鼻炎が消えた 2021.9.29

体験談を頂きましたのでご紹介させていただきます。

40代 女性

私は、早期胎盤剥離という異常出産により、出血多量で母子とも危険な状態でありましたが、出産の日は義理の父の命日であり、そのご加護か母子とも助かりました。

出血多量の為か産後の肥立ちも悪く、母乳をあげると子供の体重が減っていく状態でしたので、産院で隠れてミルクをあげていました。

こんな体調でしたので、目がぼやけたり二重に映ったりするのは、脳が悪いのだと思っておりました。

退院してから眼科に通院しましたが思わしくなく、病院を変えたら急性緑内障と診断され、暗い目の前が更に暗くなりました。

両眼手術を行いましたが、両眼とも視力がほとんどなくなってしましました。

この頃の私は気持ちも荒んで、何をするにも無気力で、ただ目の見えない自分を哀れだ、悲しいと毎日思い続けておりました。

しかし自分を見つめなおし、生き様の間違っていたことを家族に謝り、心を入れ替えることができた頃、マリンO2と出会いました。

それまで腸捻転を思わせる激しい腹痛、腎盂炎、アレルギー性鼻炎で入院ばかりしておりました。

マリンO2を愛用して三年位になりますが、今は病気らしい病気もせず、視力もだいぶ戻ったように感じます。

これからも食事に気を付けて、マリンO2のお世話になり、一日も早く両眼が見えるようになるのを祈っている今日この頃です。

※医薬品的な効能・効果を標榜するための体験ではありません。

カテゴリー:体験談
タグ:,

全身湿疹から素肌美人へ2021.9.22

体験談を頂きましたのでご紹介させていただきます

40代 女性

 

昨年から背中に湿疹が出て、痒みとの戦いが始まりました。

そのうち全身に広がってしまい、痒みからかきむしってしまったため、肌は硬くなりひび割れ傷だらけ、両腕は赤く腫れ上がっている状態でした。

以前よりマリンO2の事は知っていましたが、藁にもすがる思いで食べ始めました。

支部長様も私のひどい肌を見て「大丈夫、心配いらない。きっと良くなるよ」とおっしゃいました。

その言葉は、「元のからだに戻るかな」といっぱい抱えていた不安を吹き飛ばしてくれました。

それからは、からだについて勉強し、マリンO2を食べ始めました。

全身湿疹で赤くなり、痒みでどうしようもない時もありました。

そんな時は、マリンパープルを塗ってからDr.マリンで蓋をするように、たくさん塗りました。

背中に塗るのが大変な時には、家族が塗ってくれました。

肉食中心の食事を改めること、からだを温めることにも協力してくれました。

支部長様も毎日のように様子を聞いて、アドバイスをしてくれ、落ち込む私を勇気づけて励ましてくれたこと、心から感謝しています。

いつも下を向いて笑えなかったのが、だんだんと笑えるようになり、それとともに皮膚も新しく生まれ変わるように、少しずつ剥がれていきました。

この生活を続けて、素肌美人となって助けてくれた皆さんにお会いしたいと思います。

 

※医薬品的な効能・効果を標榜するための体験ではありません

カテゴリー:体験談
タグ:

絶望から希望へ2021.9.15

体験談を頂きましたのでご紹介させていただきます。

六十代 女性

私は子供の頃から虚弱体質でしたが、何とか人並みに母妻嫁の務めをはたしてきました。

五十代後半ごろから、低血圧、痛風、骨粗鬆症、脊椎軟骨狭窄症、不整脈等の病名をもらい、また風邪もひきやすくなり肺炎で入院したり・・・と病院と仲良しの日々になりました。

昨年三十九度の熱を出してから、突然嗅覚が無くなりました。

内科、耳鼻科の治療も効果なく、家事をするのにとても不便で、鍋を焦がすことも度々。

風味のわからぬままの調理も不安で、このまま一生が終わるのかと、絶望感さえ湧いてくるのでした。

病院ばかりに頼らず、何か他に方法はないものか・・・と考える中に、八年ほど前にお会いしたご夫婦が、お元気そうに陶芸などの趣味を楽しんでいらしたのを思い出しました。

お二人の元気の源がマリンO2。

その後のご無沙汰をも省みず、早速お電話で相談し、奥様とお会いしました。

奥様は相変わらずお元気で、私にマリンO2の事を教えて下さり、私もマリンO2を早速飲み始めました。

飲み始めてまず感じたのは、疲れなくなったことです。

それまでは家事の合間に横になってひと休みをしていましたが、今は一切横にならず、次々と身体が動くのです。

長年の頭痛もありません。

今までは内科の薬も効いているのかどうか、何年も変化がなかったのですが、最近受けた血液検査の結果、二種類も薬が減りました。

風邪をひいても薬の効き目が早く、自分で体力と免疫力が付いてきているのが分かります。

半年ほど前から芳香剤やネギ類の匂いやカレー、コーヒー、昆布だしの風味がホワーッと分かってきました。

あと一息で、体力がしっかり付けば、嗅覚は必ず戻ることと、希望が湧いてきました。

これからも希望を持って、マリンO2と仲良くやってゆきたいと思います。

 

※医薬品的な効能・効果を標榜するための体験ではありません

カテゴリー:体験談
タグ:

大腸の大掃除をする2021.9.9

深海ザメの肝臓から肝油がとれます。

古くから万能薬として、また、健康を保持する民間薬として

世界中で愛用されてきました。

水深200メートル以上を深海と言いますが、光も届かない超高圧、

低酸素の深海でサメが4億5千万年も生き抜いてこられたのは肝臓のお陰です。

 

深海ザメの肝臓は非常に大きく、魚体の3分の2くらいもあります。

そして、必要な酸素とエネルギーをみずからの肝臓で作り出します。

この肝臓の働きによって、深海ザメは唯一「ガンになれない魚」と言われています。

 

肝油の主成分はスクワレンと呼ばれる油脂で、人間の体内でも生成されて

いるのですが、20歳ぐらいをピークに次第に減っていきます。

ですから、サプリメントで補っていつまでも若々しく健康でいたいものです。

スクワレンは酸素の運び屋とも言われ、体の隅々まで酸素を送り込む働きがあります。

その為、新陳代謝が活発になり、細胞が活性化し、血液も浄化されます。

 

さらに、スクワレン以外の有効成分で体内に蓄積する有害物質を排除し、

強力な殺菌作用で病原菌を撃退します。

活性酸素の除去、生活習慣病の予防、老化防止、内臓機能の強化などの効果もあります。

 

また、肝油には小腸の汚れを取り除く作用があります。

小腸には無数のひだや絨毛があり、そこに脂肪などの汚れがこびりつきます。

肉やケーキが好きな人は、脂でひだのすきまが真っ黒になっているはずです。

脂がべっとりだと腸も十分に機能しません。

クレンジングオイルで油性のメイクを落とすように、脂は油でないと落とせません。

かといって、オリーブ油やサラダ油ではここまで入り込めないのです。

唯一、親和性の高い肝油だけがひだの奥まで入り込み脂を洗い流せます。

このように肝油を飲むと、小腸の汚れがとれてキレイになります。

肝油は酸素不足を解消してストレスへの耐性を高めて、腸の汚れを落として

若さと健康を保ちます。

酸素が不足しがちな現代人には必須のサプリメントと言えます。

 

また、肝油に含まれるアルコキシグリセロールには、免疫力や自己治癒力を高める働きがあり、

アメリカでは、ガンの治療薬として臨床試験が行われてるそうです。

 

今回の記事は「断食しないで断食効果」を参考にしました。

このブログは診断や治療、医療のアドバイスを提供しているわけではなく、情報のみを提供しています。このブログの情報は医療専門家からのアドバイスに代わるものではありません。

カテゴリー:日記
タグ:,

マリンO2のおかげで家族中が元気に2021.9.8

体験談を頂きましたのでご紹介させていただきます。

 

八十代 女性

 

日頃はマリンO2のおかげで、主人は九十歳、私は八十歳で元気に過ごさせていただき、感謝申し上げます。

マリンO2に御縁を頂きましたのは六年前、四男が三十八歳の元気盛りに疲労が激しく、精密検査を受けたところ、Ⅱ型糖尿病と診断された時からです。

彼の職業はイラストレーターで、細かい仕事のうえ徹夜が多く、運動不足。

友人や仲間の付き合い上、飲酒の機会も頻繁にあり、不動ながらも多忙でした。

 

数年前より近眼の度数が増して視力も弱くなり、疲れてイライラする、と申しておりました。

そこで、マリンO2やその他の栄養補助食品、散歩、心の持ち方、塩分控えめの玄米野菜食を良く噛むこと、水を飲むこと、などを実行しました。

最近は、健康に大きな自信を持って、仕事も頑張っております。

私は昨年路上で転倒し、左膝が急にパンパンに腫れあがりました。歩行困難となり、翌日は足首から太腿の付け根まで内出血で真っ黒になりました。氷で冷やし、盲学校の按摩に週二回通い、マリンO2を十粒ずつ食べておりますうちに外出や用足しができるようになりました。今は朝晩二粒位頂いております。

子供達が働き盛りで過労気味なので、マリンO2をプレゼントして、今では家族中で愛用しており、揃って元気に過ごしております。ここに感謝を込めて、簡単にご紹介させていただきました。

 

ありがとうございました。

 

※医薬品的な効能・効果を標榜するための体験ではありません

カテゴリー:体験談
タグ:

マリンO2で肝硬変克服 2021.9.1

体験談を頂きましたのでご紹介させていただきます。

長野県 女性

三月のある日、仕事中の私へ主人から「入院したから、身の回りの品を持ってきてくれ」と電話がありました。

数年前から肝臓病を患い、昨年夏には、食道静脈瘤ができているからと、手術を勧められていました。

そんな時、知人よりマリンO2の事を聞いたのが始まりです。

食事も玄米野菜中心にし、自宅で足の温冷浴や腹部への温布など、マリンO2と共にできることは毎日やりましたが思うようにゆかず、十二日間の入院となりました。

『腸管不全』が入院の直接的な病名でした。

黄疸二十%、腹水は溜まるばかり、肝臓の中心を通っている太い血管が、肝硬変が進むにつれて血液を思うように送れなくなり、そのための余病であると説明されました。

思い悩んだのですが、とにかく玄米野菜食を毎日病院へ運びました。

私は運転ができないので、本当に自分の肩で運び通しました。

そして五十日、ようやく腹水もひけて手足に温もりが戻ってきました。

と同時に遠方の大学病院へ転院となり、マリンO2を切らさぬように使うことしかできなくなりました。

大学病院では先生方の心配をよそに、食道静脈瘤の処置、脾臓栓塞手術も輸血することなく無事に終わり、主人は元気になってゆく日々でした。

退院の日、主治医の先生から病状と処置、今後についての説明がありました。

「肝硬変が進んでいて、八十%程は機能を失っているだろう。わずか二十%で解毒作用をしているから、従来通りの生活は無理だろう。脾臓は弱っているから身体を大事に使うこと、三年くらいは仕事は馴らし程度。食道静脈瘤については定期的に結果を見よう」とのことでした。

あれから一年半、主人はとても身体が軽そうです。

心配したよりもずっと元気です。これもマリンO2と周りの皆様のおかげだと感謝しております。

それにしても入院前から約一年近い日々、今までとは全く違う玄米野菜食を、愚痴ひとつ言わず毎日食べ続けてくれた主人の意志の強さにも本当に深く頭が下がります。

主人も今は元気に仕事に励んでおります。

これからも一人でも多くの方々にマリンO2の素晴らしさを知っていただきたいと思います。

本当にありがとうございました。

 

※医薬品的な効能・効果を標榜するための体験ではありません

カテゴリー:体験談
タグ:

株式会社ニュー・ヘルスフーズ

[本社]
〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩1354-14
カリンビル301
TEL:055-989-1270
FAX:055-989-1271
メールアドレス

[工場]
〒421-0206
静岡県焼津市上新田919-2
TEL:054-662-1551
FAX:054-662-1552

株式会社ニュー・ヘルスフーズではお客様の健康維持のための商品を開発・販売しています。

↓