動脈硬化、サプリ

タグ:"動脈硬化、サプリ" の一覧ページです。

動脈硬化とはどういったものか 2022.4.19

今回は動脈硬化とはどういったものかについての記事です

動脈硬化は誰にでもおこる

動脈は酸素や栄養を全身に運んでいる血管です。

血液を送り出すのは心臓ですが、動脈もポンプのように血液を運ぶ作業を行っています。

この動脈がしなやかさを失い弾力性のない硬い状態になるのが動脈硬化です。

すると血液を上手く送り出せず、心臓に負担をかけてしまいます。

また、血管の内側が狭くなり十分な血液が流れないため、酸素や栄養が体全体に行きわたらなくなります。

そのため、あらゆる臓器が正しく機能しなくなります。

さらに、血管の内側ももろくなり、血管が詰まったり血栓が出来たりして、脳梗塞や心筋梗塞を招くこともあります。

動脈はそもそも年齢とともに弾力を失い、硬くなります。

特に自覚症状のないまま動脈硬化は誰にでも起こります。

 

動脈硬化が進む原因

喫煙者や高血圧、高血糖などが重なると、年齢以上に硬化が進みます。

特に、動脈硬化を早めるのは悪玉(LDL)コレステロールです。

LDLは酸化を受けると動脈の血管壁に障害を与え、その結果、血管が厚くなり血管の通り道を狭くします。

対策

まずは喫煙習慣を見直し、高血糖、高血圧、高コレステロールを防ぐ食事を取り入れることが大事です。

また、活性酸素はコレステロールの酸化を促進して攻撃性を高めます。

活性酸素を除去するために抗酸化成分を含む食品を積極的にとりましょう。

おススメす食材

玉ねぎ・・香り成分アリシンに血行を促進する作用があるといわれている

納豆・・・血栓を溶かす効果が期待されるナットウキナーゼを含む

玄米・・・食物繊維が多く、ミネラルも豊富

酢・・・高血圧を予防

トマト・・・血圧改善作用のリコピン含む

イワシ・・・コレステロールを減少させるEPAを含む

赤ワイン・・・抗酸化作用のあるポリフェノールを含む

※今回の記事は飯田薫子先生寺本あい著書「きちんとわかる栄養学」を参考にしました。

カテゴリー:日記
タグ:

ナトリウムの主な働き 2022.2.24

今回はナトリウムについてのお話しです

ナトリウムの主な働き

ナトリウムの主な働きには次のものがあります

1.細胞の浸透圧を維持する

ナトリウムは細胞外液に多く存在し、細胞内液に多いカリウムとの濃度のバランスによって細胞の浸透圧を維持し、水分量を調節しています。 

これによって細胞の適正な水分が保たれ、生命活動を維持するための活動が可能になります。

 

2.筋肉の正常な収縮に働く

細胞の内側と外側に存在するナトリウムとカリウムは、互いに移動することで細胞に微量の電流を発生させ、筋肉の収縮に作用します。

 

3.血液の性質を正常に保つ

血液は通常ph7.4の弱アルカリ性で、ph7.0以下の酸性になると死亡率が極めて高くなります。

ナトリウムは水素イオンのどのバランスにより、血液のphを正常に保つのにも役立ちます。

 

 

どんな食品に入っているか

ナトリウムは大部分が食塩として摂取されます。

 

効率の良い食べ方

ナトリウムは生命維持にかかせない成分ですが摂りすぎに注意しましょう。

ナトリウムは調味料や加工食品に多く含まれているので、摂取量を減らすには酸味やスパイス、だしの旨味を利用して薄味にすることが大切です。

 

外食や市販の総菜は保存性を良くするために塩分濃度を濃くしています。

利用回数を減らすなどの工夫も必要です。

余分なナトリウムの排泄を助けるカリウムを含んだ食品をしっかりとるようにしましょう。

 

今回の記事は飯田薫子先生、寺本あい先生著書「きちんとわかる栄養学」を参考にしました。


✔関連動画

■高血圧になる原因とその対策~動脈硬化にならないことが大事

■マリンO2,ポリフェノールレシチン、C&C、エピアゴールドの紹介

カテゴリー:日記
タグ:,

株式会社ニュー・ヘルスフーズ

[本社]
〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩1354-14
カリンビル301
TEL:055-989-1270
FAX:055-989-1271
メールアドレス

[工場]
〒421-0206
静岡県焼津市上新田919-2
TEL:054-662-1551
FAX:054-662-1552

株式会社ニュー・ヘルスフーズではお客様の健康維持のための商品を開発・販売しています。

↓