玄米、健康

タグ:"玄米、健康" の一覧ページです。

睡眠に悪い習慣ワースト5 2022.1.24

・睡眠の質を高め最高のパフォーマンスを発揮する方法

・「眠れない」という睡眠障害を改善する方法

両方とも、まずすべきことは「睡眠に悪い生活習慣」を徹底的に排除すること。

それにつきます。

 

あなたが眠れない原因、それはズバリ寝る前2時間に、睡眠に悪い生活習慣を行っているからです。

眠るためには、脳を「リラックス」させることが必須です。

脳が興奮状態で布団に入ると、寝られるはずがないのです。

睡眠に悪い生活習慣。睡眠改善のために、あなたが「今すぐやめるべき生活習慣」をワースト5形式でお伝えします。

ワースト1は別のブログで紹介しますので、ワースト2から紹介します。

 

ワースト2 飲酒

「寝酒は睡眠にいい」は完全に誤りです。

久留米大学の調査によると、不眠症の人の80%がアルコールを睡眠のために用いていたことが明らかになりました。

「寝酒は睡眠にいい」「眠れないときはお酒を飲めばいい」と思っている人が圧倒的に多いのです。

飲酒は寝付くまでの時間を若干短縮しますが、睡眠の後半部分とレム睡眠を抑制しますので、中途覚醒が起こりやすく、早朝に目が覚めて、トータルの睡眠時間が短くなります。

飲み会の次の日の朝、早く目覚めたという体験をしたことがあると思います。

「睡眠時間の短縮」と「早朝覚醒」がアルコールの効果です。

また、夜間、トイレにも行きたくなるので「中途覚醒」も増えます。

飲酒は、睡眠に極めて悪影響を及ぼします。

ほぼ毎日飲酒していると不眠症になる方が多いです。

また、不眠治療中の人が寝る前にお酒を飲むというのは、不眠症を余計に悪化させます。

飲酒は、頑固な睡眠障害の最大の「隠れ原因」です。

「隠れ原因」というのは、患者さんは毎日飲酒していることを主治医に言わないからです。

現在、睡眠障害がある人、睡眠薬を飲んでいる人は禁酒してください。

禁酒しただけでぐっすり眠れるようになった方も多くいます。

「ぐっすり眠れない」「睡眠不足」の人は眠る前2時間の飲酒をやめてください。

飲酒は睡眠の質を悪化させます。

その悪影響を最小限にするためには、最後にお酒を飲んでから2時間あけてから寝てください。

その場合水分補給をきちんと行いましょう。水はアルコールの分解を促進します。

 

ワースト3 興奮系娯楽

興奮系娯楽とはゲーム、映画、ドラマ、面白い漫画などです。

ゲームをしていると眠気が来ない。それはアドレナリンがじゃんじゃん出ているからです。

アドレナリンが分泌されると「バリバリの覚醒状態」となります。

また、ブルーライトを浴びますので、睡眠物質の「メラトニン」が抑制されます。

 

ワースト4 食事

寝る前2時間以内の「食事」は睡眠の質を低下させます。

不眠症の決定的な原因ではなくても「ぐっすり眠れない」「疲れがとれない」などの睡眠の質を下げる原因となります。

また、寝る前にとったエネルギーは消費されないので、そのまま蓄積されて肥満の原因になります。

 

ワースト5 喫煙

喫煙者は非喫煙者に比べて不眠症の率が45倍に跳ね上がります。

喫煙者の入眠時間は非喫煙者に比べて、平均で15分遅くなります。

タバコに含まれるニコチンはアドレナリンを分泌させます。

睡眠の質を上げるには「禁煙」をしましょう。

 

今回の記事は樺沢紫苑先生著書「ブレインメンタル強化大全」を参考にしました。


✔関連動画

■玄米パワーについて

■玄米胚芽について

カテゴリー:日記
タグ:, , , , ,

株式会社ニュー・ヘルスフーズ

[本社]
〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩1354-14
カリンビル301
TEL:055-989-1270
FAX:055-989-1271
メールアドレス

[工場]
〒421-0206
静岡県焼津市上新田919-2
TEL:054-662-1551
FAX:054-662-1552

株式会社ニュー・ヘルスフーズではお客様の健康維持のための商品を開発・販売しています。

↓