腸内環境

タグ:"腸内環境" の一覧ページです。

免疫力を強化する腸内環境2021.5.25

免疫力を強化する腸内環境

いろんな健康誌を読むと、

ほとんどのものが、腸内環境の大切さについて書かれています。

 

今回の記事も腸内環境についてです。

 

口から食べ物を取り入れると、胃で消化されて

小腸や大腸で吸収されます。

腸から栄養を血液に取り込むとき、腸内が汚れていると

毒素も一緒に吸収されるため、血液が汚れます

これが、様々な病気を引き起こします。

 

大腸には100兆個の細菌が存在するといわれています。

同じ菌でも悪玉菌と善玉菌がいて、それらの菌のバランスが腸内環境を

左右しています。

 

腸内の悪玉菌が繁殖すると未消化物の腐敗が進み、

発がん物質などの有害な物質をつくります。

それらが血液やリンパ液を汚して、免疫力を下げていきます。

 

おならや便の悪臭が強い時は、悪玉菌が増加していると考えてください。

一方ビフィズス菌などの善玉菌が増えると、お通じが良くなり、

栄養の吸収率が高まります。

その結果、免疫力が向上し、病気にかかりにくくなります。

血液の質も向上するため、皮膚も綺麗になります。

 

また腸内には悪玉菌、善玉菌の他に日和見菌という菌がいます。

これは悪玉菌と善玉菌のうち数の多い方に味方する細菌です。

ちなみに、腸内ではこれらの腸内細菌がびっしりと敷き詰められた

状態にあり、これを腸内フローラと呼んでいます。

**年齢とともに悪玉菌が増加**

腸内の菌の環境は善玉菌が少し優位に立っているのが理想です。

腸内細菌は年齢とも関係があります。

赤ちゃんの時は善玉菌が支配していますが、成長とともに悪玉菌が増え、

年をとると悪玉菌が優位になる傾向にあります。

このため、普段から腸内環境を良くする食品を積極的にとったり、

腸に刺激を与える運動を行うことが大事になってきます。

 

**発酵食品が腸を整える**

納豆、みそ、しょうゆ、甘酒などは微生物や酵素の働きによって作られています。

例えば、ぬか漬けはぬかの中で育まれた乳酸菌が野菜を発酵させます。

さらに野菜に含まれる食物繊維が餌になって乳酸菌を増やします。

漬物が古くなると酸っぱくなるのは乳酸菌によるものです。

ただし、漬物を即席で作ることができる漬物調味液は発酵しないので

乳酸菌などの作用は期待できません。

 

※今回の記事は則岡孝子先生監修「栄養成分の事典」を参考にしました。

※このブログは診断や治療、医療のアドバイスを提供しているわけではなく、情報のみを提供しています。このブログの情報は医療専門家からのアドバイスに代わるものではありません。

 

カテゴリー:日記
タグ:

血液と酸素の必要性2021.2.22

血液と酸素の必要性

人間の体に酸素を運んでいるのは血液です。

細かく言うと、血液の中の赤血球のヘモグロビンが酸素を運んでくれます。

このヘモグロビンは以下の材料で出来ています。

・鉄

・タンパク質

 

体内の鉄が不足したら、

血中のヘモグロビンの量が減り、酸素を上手く体内に運べなくなる(酸素欠乏)

と同時に、貧血になります。

酸素欠乏になると、主に以下のような症状がでます。

頭がボーッとなったり、重くなったりする

めまいがする

肩こり

自律神経が乱れる

イライラする

手足が冷たくなる

 

貧血の症状として主なものをあげてみました。

動悸・・・動悸は、酸素不足を察知した体が、心臓を速く動かして血液を大量に流すことで、

酸欠を解消しようと体が動いてくれている信号です。

 

息切れ・・・息切れは、呼吸を激しくして少しでも多くの酸素を取り入れようとする体の信号です。

 

疲れやすい・・・酸素が不足するとあらゆる細胞の機能が低下します。そのため、体が疲れやすくなります。

 

このように鉄が不足することで、体がうまく機能しなくなります。

積極的に鉄分の多い食材を摂りましょう。

 

同時に血液もキレイにしておく必要があります。

汚い血液はドロドロ血液と言われ、うまく酸素が全身に運ばれなくなります。

 

食べ過ぎなどで腸が汚れている場合、そこから有毒ガスが大量に発生します。

その有害物質を解毒、排泄するために多くの酸素が使われます。

こうなると体内は酸素欠乏状態になります。

腸の汚れが原因で酸素欠乏になる場合には、

是非とも乳酸菌やビフィズス菌、食物繊維を摂ってキレイな腸内フローラを作り上げましょう。

 

血液と酸素は車の両輪のような感じです。

血液と酸素が私たちの生命をしっかり支えてくれています。

日常生活の中で、たまにはこのことを思い出していただけたら幸いです。

 

※このブログは診断や治療、医療のアドバイスを提供しているわけではなく、情報のみを提供しています。このブログの情報は医療専門家からのアドバイスに代わるものではありません。

カテゴリー:日記
タグ:, ,

寝つきが悪い人2021.1.26

寝つきが悪い人

夜 なかなか寝付けないという悩みを持っていらっしゃる方は結構多いかと思います。

今回は寝つきが悪くなる原因についてのお話しです。

寝つきが悪い原因の一つに「メラトニン」不足が挙げられます。

人間は深部体温(内臓の温度)が下がると眠くなります。

この体温を下げる働きをメラトニンが行っています。

 

メラトニンは脳の松果体という所で分泌されます。

このメラトニンを作るためにはタンパク質、鉄などのミネラル、ビタミンB群が必要であり、

これらが不足すると寝つきが悪くなります。

又、メラトニンは日光を浴びることで体内の合成量も増えるので、

しっかり朝食をとった後は30分程度日光浴をすることが理想的です。

(日差しが強い時などは無理しないで、自身の体調相談しながら行ってください)

 

メラトニンは腸の細胞からも作られるため、腸内環境の良し悪しは睡眠の質にも関係してきます。

 

寝つきが悪い人のもう一つの原因はストレスです。

ストレスによる交感神経の過活動で体は常に緊張状態となっており、リラックスできなくなっています。

副交感神経を優位にして体をリラックスさせてあげましょう。

副交感神経を優位にする方法は人それぞれと思いますが、代表的なものをいくつかお伝えします。

(詳しい内容は別の機会のブログで紹介します)

・ぬるめのお風呂に入る・・・38℃~40℃くらいのぬるめのお風呂にゆっくり浸かりましょう。

 

・大きく深呼吸・・・発汗量や心臓の脈拍数は自律神経に支配されていますが、自律神経に支配されつつも、

意識すれば自分でコントロールが可能なのが呼吸です。ヨガの呼吸法や、腹式呼吸を行いましょう。

 

・ストレッチ・・・ストレッチを行うと副交感神経が優位になります。

 

・首の筋肉を温める・・・首には脳と全身を結ぶ神経や血管が通っています。

就寝前30分にホットタオルで首の筋肉を温めましょう。

 

※今回の記事は前野博之先生著書「成功する人ほど良く寝ている」を参考にさせていただきました。

※このブログは診断や治療、医療のアドバイスを提供しているわけではなく、情報のみを提供しています。このブログの情報は医療専門家からのアドバイスに代わるものではありません。

カテゴリー:日記
タグ:, ,

腸内腐敗便の原因とその予防・改善方法2020.10.13

腸内腐敗便を引き起こす原因

腸内腐敗便を引き起こす原因には次のことが挙げられます。

  • 食生活
  • 消化不良
  • 精神的ストレス
  • 遺伝的消化不良
  • 食品添加物
  • 運動不足
  • 睡眠不足

それぞれの内容について詳しく見ていきます

食生活

現代人は野菜、海藻、きのこなど食物繊維を含む食材の摂取が減っています。

そして、ほとんどの人が間食を摂らない日はないのではないでしょうか。

そのため、腸の中は腐りやすい食べ物でいっぱいです。

 

高カロリー、高たんぱく、高脂肪などで、糖尿病や循環器系の疾病、

メタボが増え続けています。

 

高栄養により腸内が腐敗便化していきます。

腐敗便の毒素を浄化するために多くの体内の酸素を使うため、

体内は酸素欠乏状態です。

 

 

消化不良

早食い、大食いの人は、唾液とよく混ざらずに胃の中へ入っていきます。

唾液は消化酵素の働きがあるため、

その消化酵素不足から消化不良を起こし、

腸内の腐敗便化を起こします。

 

 

精神的ストレス

精神的ストレスは消化酵素分泌バランスが狂い、

消化不良から腸内腐敗便を引き起こします。

 

また、精神的ストレスによる血管収縮で、

血行不良による体内の酸素欠乏が起こります。

 

 

遺伝的消化不良

遺伝的に消化酵素の分泌バランスや不良が起きやすい体質の人がいます。

暴飲暴食や、体質に合わないものを食べると、

消化不良を起こし、その後腸内腐敗便になっていきます。

 

アレルギー体質の人がアレルギーの時には、

腸内腐敗便化が起こっている可能性があります。

 

 

食品添加物

保存料や着色料などの化学物質は、

腐敗便を予防する、腸内の善玉菌を減少させてしまいます。

逆に、悪玉菌を増殖させるため、腸内腐敗便が増えます。

 

 

運動不足

運動不足は消化酵素の分泌が減少します。

消化酵素が減少すると腐敗便化が起こります。

 

そして、運動不足は大腸のぜん動運動を衰退させてしまい、

便秘の原因になってしまいます。

 

 

睡眠不足

睡眠不足になると、脳細胞が酸素欠乏となり、

また、自律神経のアンバランスによる、消化酵素の分泌不良へと繋がります。

その結果、腸内腐敗便化が起こります。

 

 

腸内腐敗便の予防と改善

腸内腐敗便を予防・改善のためには、

以下のものを意識して摂ってください。

  • 有胞子性乳酸菌
  • ビフィズス菌
  • 食物繊維
  • フコイダン

これらの働きについて説明します。

 

 

有胞子性乳酸菌

簡単に言うと、

植物性の乳酸菌です。(キムチ、納豆、ぬか漬け等)

動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌の方が、生きたまま小腸・大腸まで届きます。

生きたまま届くことで腸内環境を整えます。

最低でも1週間腸に滞在し、腐敗便を予防することで腸の病気を予防します。

 

 

ビフィズス菌

ビフィズス菌は腐敗便を予防します。

クラフトオリゴ糖を餌にして、48時間前後腸内の消化を助けます。

ですので、クラフトオリゴ糖も一緒に摂ると効果も上がります。

 

 

 

食物繊維

働きとして、

善玉菌の餌になったり、

大腸のぜん動運動の促進をします。

 

 

 

 

フコイダン

フコイダンとは海藻(わかめ、昆布、モズクなど)のヌルヌルに含まれる成分です。

腸内の環境改善により、消化を助け、胃の粘膜を守ります。

そして、ピロリ菌を減少させる効果もあります。

 

 

 

 

まとめ

第二の脳といわれる腸。

さまざまなことで、コンディションを崩します。

常日頃から、腸を大事に、そしていつまでも健康な身体でいましょう。

 

 

 

 

腸と脳と食物繊維

カテゴリー:日記
タグ:, , ,

株式会社ニュー・ヘルスフーズ

[本社]
〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩1354-14
カリンビル301
TEL:055-989-1270
FAX:055-989-1271
メールアドレス

[工場]
〒421-0206
静岡県焼津市上新田919-2
TEL:054-662-1551
FAX:054-662-1552

株式会社ニュー・ヘルスフーズではお客様の健康維持のための商品を開発・販売しています。

↓