コレステロールの摂取量 2022.1.31

今回はコレステロールについてのお話しです

体内でも合成されるコレステロール

コレステロールは、さまざまな食品に含まれていますが、体内に取り込まれるのはそのうち40~60%です。

一方、コレステロールは肝臓でも日々合成され、血液に混ざって体中に供給され、細胞膜や胆汁酸、ホルモンの材料になっています。

肝臓で合成される量は食事で摂取する量の3~7倍にもなります。

つまり、食事で摂取したものと、肝臓でつくったもの、両方のコレステロールがあります。

健康診断のコレステロール値は、これらがどれくらい血液中にあるかを示したものです。

 

コレステロール値を気にする人は、コレステロールを多く含む食品を控えようとします。

しかし、肝臓には、体何に供給されるコレステロールを一定量に調整する働きがあります。

食品から多く摂取すると合成する量を減らし、摂取量が減ると多く合成するため、食事でコレステロールを控えてもその分すぐコレステロール値が下がるというわけではありません。

もちろん食べすぎはNGですが、厳密に例えば「卵は1日1個まで!」とか決める必要はないようです。

 

コレステロールの役割

コレステロールの役割には主に次のようなものがあります。

関連細胞膜の構成成分になる

性ホルモン、副腎皮質ホルモンなどの材料になる

胆汁酸、ビタミンDの材料になる

 

気を付けること

エネルギーや飽和脂肪酸を摂りすぎると、肝臓でコレステロールの合成が増加するといわれています。

コレステロール値が気になる方は気をつけましょう!

 

※今回の記事は飯田薫子先生、寺本あい先生著書「きちんとわかる栄養学」を参考にしました。


✔関連記事

■コレステロールについて詳しくしろう 2021.12.14

■悪玉コレステロールを抑えるオレイン酸2021.4.13

■ビタミンEについて  2021.12.21

カテゴリー:日記
タグ:,

株式会社ニュー・ヘルスフーズ

[本社]
〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩1354-14
カリンビル301
TEL:055-989-1270
FAX:055-989-1271
メールアドレス

[工場]
〒421-0206
静岡県焼津市上新田919-2
TEL:054-662-1551
FAX:054-662-1552

株式会社ニュー・ヘルスフーズではお客様の健康維持のための商品を開発・販売しています。

↓