自律神経が乱れる原因 2022-8-5

 

 

今回は自律神経が乱れる原因についてお話していきます。

私たちの体は自律神経によって無意識のうちに、呼吸・血液循環・体温調節・消化・排泄・生殖・免疫といった機能が調節されています。

この自律神経をコントロールしている司令塔が大脳辺縁系の下にある視床下部です。

つまり、「脳」が外部からの刺激や情報に反応して、24時間コントロールしているのです。

生命維持に不可欠な自律神経ですが、弱点もあります。

それは、ストレスにめっぽう弱いことです。

精神的なストレスがあると自律神経のバランスが乱れて、血管だけでなく、あらゆる器官に悪影響を及ぼします。

それが、自律神経失調症という病気です。

私たち現代人は、内的にも外的にもストレスを多く抱えています。

過度なストレスは突然死を招く原因の一つですが、適度なストレスは健康な緊張をもたらし、人の能力を上昇させます。

ストレスには個人差があるため、自分にとってどこまでがストレスになるか、その度合いを把握することも大切です。

 

※今回の記事は高沢謙二先生監修「動脈硬化を予防する!最新治療と正しい知識」を参考にしました

カテゴリー:日記
タグ:

株式会社ニュー・ヘルスフーズ

[本社]
〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩1354-14
カリンビル301
TEL:055-989-1270
FAX:055-989-1271
メールアドレス

[工場]
〒421-0206
静岡県焼津市上新田919-2
TEL:054-662-1551
FAX:054-662-1552

株式会社ニュー・ヘルスフーズではお客様の健康維持のための商品を開発・販売しています。

↓