納豆と小豆の成分と作用 2022.6.6

今回は納豆と小豆の成分についてのお話しです

納豆について

納豆にはイソフラボン、サポニン、レシチンなどの大豆と同様の栄養成分を含みます。

さらに、発酵によって大豆にはない栄養成分をつくり出し、消化・吸収の良さでも大豆より高い効果が得られます。

納豆の成分

発酵によって生じるタンパク質分解酵素のナットウキナーゼは、納豆特有の栄養成分です。

また、脂質をエネルギーに変えるときに必要になるビタミンB2も豊富で、大豆の約5倍含まれています。

ほかに、ビタミンKも大豆より豊富です。

ナットウキナーゼは血栓を溶かす作用が非常に強いとされて、血圧降下作用や血行促進作用などが期待されます。

また、ビタミンKにはカルシウムを骨に定着させる働きがあり、骨粗しょう症の予防に効果的です。

そのほか、整腸作用も期待できます。

 

小豆について

小豆は大豆と違って炭水化物を多く含み、脂質の少ない豆類です。

小豆の主成分は炭水化物とたんぱく質です。

小豆のたんぱく質は、必須アミノ酸のリジンを多く含みます。

ビタミンB1・B2、カリウム、食物繊維も豊富です。

また、皮に含まれるえぐみのもとであるサポニンや、ポリフェノールの一種であるアントシアニンも多く含まれます。

サポニンやアントシアニンは抗酸化作用があります。

カリウムには余分なナトリウムを排泄させる働きがあり、むくみや高血圧の予防に効果的です。

また、豊富な食物繊維は便秘の改善やコレステロール値の上昇抑制に効果があると期待されています。

 

※今回の記事は飯田薫子先生寺本あい先生著書「きちんとわかる栄養学」を参考にしました。

カテゴリー:日記
タグ:,

株式会社ニュー・ヘルスフーズ

[本社]
〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩1354-14
カリンビル301
TEL:055-989-1270
FAX:055-989-1271
メールアドレス

[工場]
〒421-0206
静岡県焼津市上新田919-2
TEL:054-662-1551
FAX:054-662-1552

株式会社ニュー・ヘルスフーズではお客様の健康維持のための商品を開発・販売しています。

↓