睡眠不足は食欲が暴走して太る 2021.11.30

今回は肥満と睡眠との関係についてのお話しです

あなたのダイエットが失敗するのは、あなたの意思が弱いせいではありません。

睡眠不足のせいです。

そして、あなたが太っているのも睡眠不足のせいです。

睡眠と肥満の関係を科学的根拠を示しながら解説します。

 睡眠不足は4倍太りやすい

コロンビア大学の研究によると、7時間睡眠を「1」とした場合、肥満の人の割合は5時間睡眠で50%UP

4時間睡眠で73%UPという結果になりました。

また、別の研究ではもっと深刻な数字が出ています。

スイス・チューリッヒ大学による27歳の男女約500人を13年間追跡した結果によると、5時間睡眠以下の人は、67時間睡眠以下の人に比べて年間のBMIの上昇率が約4倍。

つまり、4倍も太りやすいことがわかりました。

実際に、睡眠不足の人はそうでない人に比べて、BMIが平均4.2も高かったのです。

睡眠不足は、肥満の原因となるのです。

 

睡眠不足で、食欲が異常に亢進(コウシン)

睡眠不足になると、食欲を増進させるホルモンのグレリンが増え、食欲を抑制するホルモンのレプチンが減ります。

このホルモンの変化は「食欲が25%アップ」に匹敵します。

アメリカ・ペンシルベニア大学の研究では8時間睡眠をとったグループと徹夜をしたグループを比較したところ、徹夜したグループの方が高カロリー、高脂質の食べ物を選び、1日当たりの摂取カロリーが高い傾向がありました。

睡眠不足になると、食欲が爆発的に増え、

「甘いものが食べたい」

「ラーメンが食べたい」

といった、糖質、脂質に対する欲求が強まるのです。

 

睡眠不足では食欲を我慢するのが困難

カリフォルニア大学バークレー校での脳画像を使った研究によると、睡眠不足の脳では「合理的な意思決定を司る部分」の活動は低下し、その反面、「食べたいという衝動に関連する部分」(偏桃体)の活動は活発になっていました。

つまり、睡眠不足になると「食べたい」という衝動は強まり、

「我慢しよう」

というコントロールは弱まるのです。

 

睡眠不足で1日385kcal摂取カロリーが増える

ロンドン大学の研究によると、「睡眠と食欲」に関する11の研究を分析したところ、6時間以下の睡眠の人は、「1日におよそ385kcal、摂取カロリーが余計に増える」という事実が明らかになりました。

385kcalを運動で消費するには

ジョギングで約30分

または

ウォーキングで1時間歩かないといけません。

それだけのダイエット効果が、睡眠時間を7時間しっかりとるだけで得られるのです。

 

関連動画

□腸内環境が健康を左右する


今回の記事は樺沢紫苑先生著書「ブレインメンタル強化大全」を参考にしました。

※このブログは診断や治療、医療のアドバイスを提供しているわけではなく、情報のみを提供しています。このブログの情報は医療専門家からのアドバイスに代わるものではありません。

カテゴリー:日記
タグ:,

株式会社ニュー・ヘルスフーズ

[本社]
〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩1354-14
カリンビル301
TEL:055-989-1270
FAX:055-989-1271
メールアドレス

[工場]
〒421-0206
静岡県焼津市上新田919-2
TEL:054-662-1551
FAX:054-662-1552

株式会社ニュー・ヘルスフーズではお客様の健康維持のための商品を開発・販売しています。

↓