玄米胚芽

タグ:"玄米胚芽" の一覧ページです。

雑穀の種類 2022.5.25

お米についてのお話し

米は炭水化物を多く含み、活動エネルギーの源である大事な食材です。

昔から日本人の主食として親しまれてきました。

稲からもみ殻を取り除いたのが玄米、さらにぬかを削って胚芽を取り除いたのが胚芽米、胚芽も取り除いたのが精白米です。

玄米や胚芽米の栄養価が高いのは知られていますが、精白米にも様々な成分が含まれています。

それぞれについて説明していきます。

 

 

精白米について

精白米の主成分はデンプンです。

他に、ビタミンB1・E、タンパク質、食物繊維、亜鉛、鉄などのミネラルも含んでいます。

米に含まれるデンプンは炊飯によって消化吸収がよくなり、効率よくエネルギーとなります。

そのため、体力回復に期待ができます。

また、脳にとっても最も効率的なエネルギー源となります。

ビタミンB1は糖質の代謝を助け、タンパク質は体を作るもとになります。

食物繊維は整腸作用があります。

玄米について

玄米は主成分である炭水化物のほか、ぬかや胚芽を取り除いた精白米より、ビタミンやミネラル、食物繊維を多く含んでいます。

特に、ビタミンB1は精白米の約5倍、ビタミンEは約12倍の含有量です。

糖質は体だけでなく脳にとっても効率的なエネルギー源となります。

玄米の豊富なビタミンB1は糖質の代謝を助けます。

玄米に含まれる食物繊維は腸をキレイに整えます。

玄米の食べ方としては、白米に比べて消化されにくいですが、その分腹持ちが良いといえます。

胃腸が弱い人は、水を多めにして柔らかく炊き、しっかり噛んで食べましょう。

胚芽米について

胚芽米は玄米からぬかを除き、胚芽部分を残したもので、ビタミンB1は精白米の約3倍、ビタミンEは約9倍含まれています。

玄米ほどではないですが、精白米より不飽和脂肪酸の仲間であるリノール酸が豊富です。

胚芽米の作用として、糖質が体や脳のエネルギー源となり、ビタミンB1は糖質の代謝を助けます。

また、豊富なリノール酸がコレステロール値を下げるとされ、動脈硬化などの予防が期待されます。

食べ方についていうと、玄米に負けない栄養価で、精白米のように食べやすいのが特徴です。

ぬかを除いたため消化も良く、胃腸の弱い人や高齢者、子供におススメです。

精白米よりも水加減を多めにして炊きましょう。

 

※今回の記事は飯田薫子先生寺本あい先生著書「きちんとわかる栄養学」を参考にしました。

カテゴリー:日記
タグ:, , ,

簡単お寿司レシピ 2022.5.6

今回は簡単お寿司のレシピについてご紹介します

家族だけで食べ切る量なら炊飯器の内釜で、炊き上がりご飯にすぐに合わせ酢を混ぜながら、ゆっくり蒸らすとご飯もしっとり、ふっくらと全体に味がなじみます。

※材料はオゾン処理しておく

 

ケーキ風押し寿司

材料/2〜3人分

  • 米・・2合
  • 昆布・・5cm角1枚
  • 玄米胚芽・・2粒
  • クッキングミネカル・・2振り
  • 合わせ酢(米酢・大4 砂糖・大1強 塩・小1 C&C+・1袋)
    <市販のすし酢を使っても良い>
  • サーモン・マグロ・エビなど・・各50g
  • 菜の花・・5本(100g)
  • 炒り卵(卵・1個 砂糖・小1 オリーブ油・小1) 醤油・適宜

 

作り方

① 米はオゾン曝気して洗って水気をきる。

② 炊飯器の内釜に入れて、2合の目盛りまで水と玄米胚芽とクッキングミネカルを加える。昆布をのせて40分ほど浸水させ普通に炊く。

③ 炊き上がったら昆布を除き、しゃもじを使って合わせ酢を回し入れ、底から返すように混ぜる。

④ バットなどに移しぬれぶきんをかけて蒸らす。時々上下を返し、人肌になるまで冷ます。

⑤ 卵は割ほぐし、砂糖を加え混ぜる。フライパンにオリーブ油を中火で熱し、卵液を流し入れて炒り卵を作る。

⑥ 菜の花は根元を2cmほど切り落とし、さっと茹でてザルにあげる。つぼみの部分を切って使う(茎は和え物や汁の具に)

⑦ 別のバットにラップを敷いて、刺し身、菜の花、入り卵の順に並べ酢飯を広げてのせる。

⑧ 手をぬらし、均等に表面をおさえる。平皿をかぶせて上下を返し、バットとラップをはずす。

⑨ 好みで刻み海苔をのせて切り分けて、醤油を垂らす。

 

生ハムとアボカド、チーズ入り洋風すし

材料/3〜4人分

  • 米・・2合
  • 昆布・・5cm角1枚
  • 玄米胚芽・・2粒
  • クッキングミネカル・・2振り
  • 合わせ酢(米酢・大4 砂糖・大1強 塩・小1 C&C+・1袋)
    <市販のすし酢を使っても良い>
  • 生ハム・・70g
  • プロセスチーズ・・50g 塩・・少々
  • アボカド・・1個(150g)
  • グリーンアスパラガス5本(三つ葉とかでも良い)
  • 入りごま・・小2

 

作り方

① 米はオゾン曝気して洗って水気をきる。

② 炊飯器の内釜に入れて、2合の目盛りまで水と玄米胚芽、クッキングミネカルを加える。昆布をのせて40分ほど浸水させ普通に炊く。

③ 炊き上がったら昆布を除き、しゃもじを使って合わせ酢を回し入れ、底から返すように混ぜる。

④ バットなどに移しぬれぶきんをかけて蒸らす。時々上下を返し、人肌になるまで冷ます。

⑤ 生ハムは半分の大きさに切る。チーズは1cm角に切り、塩を少々ふる。アボカドは種と皮を除き、1〜2cm角に切る。

⑥ グリーンアスパラはさっと茹でて、3cm長さに切る。

⑦ 器に酢飯を盛り、チーズ、アボカドをのせて白ごまを散らす。生ハムはフワッとたたんでのせ、最後にグリーンアスパラをのせる。好みで刻み海苔を散らす。

 

栄養と料理参照

カテゴリー:日記
タグ:

株式会社ニュー・ヘルスフーズ

[本社]
〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩1354-14
カリンビル301
TEL:055-989-1270
FAX:055-989-1271
メールアドレス

[工場]
〒421-0206
静岡県焼津市上新田919-2
TEL:054-662-1551
FAX:054-662-1552

株式会社ニュー・ヘルスフーズではお客様の健康維持のための商品を開発・販売しています。

↓