腐敗便

タグ:"腐敗便" の一覧ページです。

乳酸菌で腸内の腐敗便を減らす2020.10.16

腸は汚れやす環境

日常生活において適度な温度、水分、栄養が備わっていたらすぐにカビが生えてしまいます。

これと同じように、私たちの腸内には食べかすもあるし、水分もあって、

温度も37度前後と、細菌が増殖するにはもってこいの環境です。

汚れやすいのは腸にとって宿命かもしれません。

 

しかし、腸内細菌は私たちの生命活動において必要であるため、

棲んでもらわなければなりません。

その中でも善玉菌に多く棲んでもらう必要があります。

悪玉菌も全てが悪いわけではありませんが、悪玉菌はアンモニア等の有害物質を発生させて、

身体には良くありません。

 

食物繊維がお腹に良いと言われるのは、

有害物質を絡めとって速やかに体外に排出するからです。

 

健康な人でも大腸に入った食べカスが便状になって直腸にたどり着くまで、

約10時間かかります。便秘していればもっと長くなります。

腸を健康に保つことは免疫力を維持するうえで欠かせません。

悪玉菌をはびこらせると免疫力が低下し、病気になってしまいます。

 

悪玉菌が増える原因で大きなものは肉食です。

1970年代以降食の欧米化が進み、大腸ガンが増えました。

ある本で読んだのですが、マウス実験で、高脂肪、高たんぱくの食事を毎日摂らせると、

腸内の発がん関連の悪い酵素が増えたそうです。

つまり、そのような酵素を作り出す悪玉菌が増えて、

大腸ガンが発生する可能性も高くなるということです。

 

胃は胃酸があるため強い酸性になっていますが、

小腸、大腸、肛門に下がるにしたがって酸性からアルカリ性に傾く傾向があります。

アルカリ性を好む腐敗細菌には格好の条件です。

大腸菌やウエルシュ菌などの悪玉菌は腸内をアルカリ性にする作用を持っており、

腸内のアルカリ化傾向に拍車をかけています。

これにブレーキをかけるのが乳酸菌やビフィズス菌に代表される善玉菌です。

善玉菌は腸内を酸性又は中性にします。

 

私たちの腸内に棲む細菌の顔ぶれには個人差があります。

同じ人でも腸内細菌の現状は日々変化しています。

ですので、相性の良い乳酸菌と出会える可能性は低いと考えられます。

自分に合った乳酸菌のサプリメントを探して1日でも早く腸内環境を整えていきましょう。

 

※このブログは診断や治療、医療のアドバイスを提供しているわけではなく、情報のみを提供しています。このブログの情報は医療専門家からのアドバイスに代わるものではありません。

体調を整えることと腸を整えること

カテゴリー:日記
タグ:, , ,

腸内腐敗便の原因とその予防・改善方法2020.10.13

腸内腐敗便を引き起こす原因

腸内腐敗便を引き起こす原因には次のことが挙げられます。

  • 食生活
  • 消化不良
  • 精神的ストレス
  • 遺伝的消化不良
  • 食品添加物
  • 運動不足
  • 睡眠不足

それぞれの内容について詳しく見ていきます

食生活

現代人は野菜、海藻、きのこなど食物繊維を含む食材の摂取が減っています。

そして、ほとんどの人が間食を摂らない日はないのではないでしょうか。

そのため、腸の中は腐りやすい食べ物でいっぱいです。

 

高カロリー、高たんぱく、高脂肪などで、糖尿病や循環器系の疾病、

メタボが増え続けています。

 

高栄養により腸内が腐敗便化していきます。

腐敗便の毒素を浄化するために多くの体内の酸素を使うため、

体内は酸素欠乏状態です。

 

 

消化不良

早食い、大食いの人は、唾液とよく混ざらずに胃の中へ入っていきます。

唾液は消化酵素の働きがあるため、

その消化酵素不足から消化不良を起こし、

腸内の腐敗便化を起こします。

 

 

精神的ストレス

精神的ストレスは消化酵素分泌バランスが狂い、

消化不良から腸内腐敗便を引き起こします。

 

また、精神的ストレスによる血管収縮で、

血行不良による体内の酸素欠乏が起こります。

 

 

遺伝的消化不良

遺伝的に消化酵素の分泌バランスや不良が起きやすい体質の人がいます。

暴飲暴食や、体質に合わないものを食べると、

消化不良を起こし、その後腸内腐敗便になっていきます。

 

アレルギー体質の人がアレルギーの時には、

腸内腐敗便化が起こっている可能性があります。

 

 

食品添加物

保存料や着色料などの化学物質は、

腐敗便を予防する、腸内の善玉菌を減少させてしまいます。

逆に、悪玉菌を増殖させるため、腸内腐敗便が増えます。

 

 

運動不足

運動不足は消化酵素の分泌が減少します。

消化酵素が減少すると腐敗便化が起こります。

 

そして、運動不足は大腸のぜん動運動を衰退させてしまい、

便秘の原因になってしまいます。

 

 

睡眠不足

睡眠不足になると、脳細胞が酸素欠乏となり、

また、自律神経のアンバランスによる、消化酵素の分泌不良へと繋がります。

その結果、腸内腐敗便化が起こります。

 

 

腸内腐敗便の予防と改善

腸内腐敗便を予防・改善のためには、

以下のものを意識して摂ってください。

  • 有胞子性乳酸菌
  • ビフィズス菌
  • 食物繊維
  • フコイダン

これらの働きについて説明します。

 

 

有胞子性乳酸菌

簡単に言うと、

植物性の乳酸菌です。(キムチ、納豆、ぬか漬け等)

動物性乳酸菌よりも植物性乳酸菌の方が、生きたまま小腸・大腸まで届きます。

生きたまま届くことで腸内環境を整えます。

最低でも1週間腸に滞在し、腐敗便を予防することで腸の病気を予防します。

 

 

ビフィズス菌

ビフィズス菌は腐敗便を予防します。

クラフトオリゴ糖を餌にして、48時間前後腸内の消化を助けます。

ですので、クラフトオリゴ糖も一緒に摂ると効果も上がります。

 

 

 

食物繊維

働きとして、

善玉菌の餌になったり、

大腸のぜん動運動の促進をします。

 

 

 

 

フコイダン

フコイダンとは海藻(わかめ、昆布、モズクなど)のヌルヌルに含まれる成分です。

腸内の環境改善により、消化を助け、胃の粘膜を守ります。

そして、ピロリ菌を減少させる効果もあります。

 

 

 

 

まとめ

第二の脳といわれる腸。

さまざまなことで、コンディションを崩します。

常日頃から、腸を大事に、そしていつまでも健康な身体でいましょう。

 

 

 

 

腸と脳と食物繊維

カテゴリー:日記
タグ:, , ,

腸内の腐敗便について2020.9.8

腸内の腐敗便について

経済の発展とともに冷蔵庫が普及しました。

欧米型高カロリーの食事は、卵・肉・牛乳など動物性のものが多く、

普段は冷蔵庫に入っています。

冷蔵庫に入れるのは腐りやすいからで、私たちが食べると腸の中でどうなるでしょうか?

私たちの腸の温度は40度前後といわれていて、

大変腐りやすい温度です。

 

しかも、日本人の腸は欧米人に比べて大変長く、

食べた物の通過時間も長くなります。

 

その結果、腐りやすいものは腐敗便となり、有毒ガス(水素イオンガス)を発生します。

この有毒ガスは腸から血液中に吸収され、体全体へと広がります。

そして、各人の許容範囲を超えるとガス中毒で死んでしまいます。

ちなみに、自分で作った有毒ガスで病気になることを「自家中毒」と呼んでいます。

したがって、私たちの体内は自己免疫力が働いて、

死なないように

有毒ガスを中和したり、

解毒したり、

排泄したり処理しているのです。

 

この時、細胞が健康を保つために酸素が使われるため、

体内は酸素欠乏症状を起こします。

この酸素欠乏症状が慢性的に起きていると、

自己免疫力が低下し、病気となっていきます。

 

酸素欠乏症状は腸内の腐敗便だけが原因ではなく、

精神的なストレスや有害な化学物質が体内に侵入した時など、

健康に障害となるものすべてが血管収縮を起こし、血流が悪くなって、

結果的に酸素欠乏症状になります。

 

例えば、睡眠時間も短く、働きすぎの人や、精神的な悩みを持っている人等は、

慢性的な血管収縮から顔色が悪かったり、

あるいは、大きな病気になったりします。

 

酸素欠乏症状はガンの根本原因ともいわれ、ガンをはじめ、心臓病などの現代病にもなります。

どの様なガンでもガン細胞は酸素欠乏細胞(低酸素細胞)といわれています。

 

※このブログは診断や治療、医療のアドバイスを提供しているわけではなく、情報のみを提供しています。このブログの情報は医療専門家からのアドバイスに代わるものではありません。

カテゴリー:日記
タグ:,

株式会社ニュー・ヘルスフーズ

[本社]
〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩1354-14
カリンビル301
TEL:055-989-1270
FAX:055-989-1271
メールアドレス

[工場]
〒421-0206
静岡県焼津市上新田919-2
TEL:054-662-1551
FAX:054-662-1552

株式会社ニュー・ヘルスフーズではお客様の健康維持のための商品を開発・販売しています。

↓