リン

タグ:"リン" の一覧ページです。

リンの働きについて2020.12.25

リンの働き

リンはカルシウムに次いで体内に多く存在するミネラルです。

筋肉・神経・脳・肝臓などすべての組織に含まれています。

体内には体重の約1%ものリンが含まれ、また体内のリンの85%は

カルシウムやマグネシウムと結合して、骨や歯を形成します。

残りの15%のほとんどは、タンパク質・脂質・糖質と結合して細胞膜のリン脂質を構成します。

 

リンの主な働きは以下の通りです。

~骨と歯の健康を維持する~

体内のリンの85%は、カルシウムやマグネシウムと結合して骨や歯を形成します。

不足すると骨や歯がもろくなったり、歯槽膿漏になったりします。

~細胞の形成に働く~

残りの15%は細胞膜のリン脂質を構成し、細胞を正常に保つためのサポートをします。

 

リンが不足すると、骨粗鬆症、筋力の低下、集中力の低下などが起こります。

 

現在、リンの摂取目安量は成人男性で1000mg/日、女性850mg/日です。

実際の平均摂取量は成人男性1057mg/日、女性891mg/日と不足はありません。

その理由は、リンは様々な食品に含まれているので通常の食生活で不足することはほとんどないからです。

また、リンは、多くの加工食品に使用されています。

「リン酸塩」「ピロリン酸」「ポリリン酸」といったものは食品添加物として使用されるリンのことです。

 

カルシウムとリンの理想的な摂取バランスは1:1です。

実際にはリンの摂取量がカルシウムの2倍になっている人が多いようです。

リンの摂りすぎで血液中のリン濃度が上昇すると、体内でカルシウムとのバランスが崩れます。

すると、骨から血液中にカルシウムが放出されるため

骨のカルシウム量が減少し、骨がもろくなったり、

肝機能の低下や、腎臓に負担をかけることにつながります。

 

リンは食品添加物として清涼飲料水やインスタント食品、スナック菓子に使用されているため、

これらの食品をとりすぎるとリンの過剰摂取につながりかねません。

インスタント食品のとりすぎに注意し、また、カルシウムの摂取量を増やすことを心掛けてください。

 

 

※今回の記事は糸日谷秀幸先生著書「ミネラル&サプリメントセミナー」を参考にしました。

※このブログは診断や治療、医療のアドバイスを提供しているわけではなく、情報のみを提供しています。このブログの情報は医療専門家からのアドバイスに代わるものではありません。

カテゴリー:日記
タグ:

カルシウムの働きについてのお話し2020.12.22

カルシウムの働きについて

カルシウムは骨や歯を作るのに必要なミネラルです。

骨はコラーゲンからなる骨基質に、リン酸カルシウムの結晶が沈着して出来ていますが、

常に骨吸収と骨形成が繰り返されており、これを

リモデリング(再構築)と呼んでいます。

血中カルシウム濃度が高まると、カルシトニンというホルモンが分泌して、

骨からカルシウムが溶け出すのを抑制します。

逆に血中カルシウム濃度が不足すると副甲状腺ホルモンが働いて、

骨からカルシウムを溶かして血中カルシウム濃度を維持します。

なお、体内のカルシウムの99%は骨や歯に依存する「貯蔵カルシウム」で、

残りの1%は血液中に存在する「機能カルシウム」といい、

「筋肉の収縮」や「精神の安定(イライラを抑える)」など、大切な働きをします。

 

カルシウムの主な働きは以下の通りです。

~骨や歯を丈夫にする~

体内には50kgの人で約1kgのカルシウムがあり、

その99%は骨や歯に存在しています。

血液中のカルシウムが不足すると、副甲状腺ホルモンが働いて骨からカルシウムを溶かして

血液中のカルシウム濃度を維持します。

骨密度のピークは20歳で、骨に貯蔵できるのは35歳まで。

男女とも50歳を過ぎると1年間に1%ずつ骨からカルシウムが失われます。

特に女性は50~60歳の間に15%ものカルシウムを失います。

80歳で女性は最大骨量の55%、男性は70%まで骨量が減少します。

 

~精神を安定させる~

体内にあるカルシウムの1%は血液中に存在する「機能カルシウム」で、

これが筋肉の収縮や精神の安定化を行っています。

 

現在、カルシウムの推奨量は、成人男性で700800mg/日、女性は650mg/日です。

実際の摂取量は成人男性508mg/日、女性475mg/日と約200mg不足しています。

 

食事では動物性たんぱく質を摂りすぎると、尿中へのカルシウム排泄が高まります。

ただし、大豆たんぱく質の場合はその心配はありません。

また、リンの摂取量がカルシウムの2倍以上になると血液中のカルシウムが低下してしまいます。

リンは様々な食品添加物として使われていますので、現代人はカルシウム不足を招きやすいとも言えます。

したがって、不足しがちな分は、サプリメントで補うことも大切かと思われます。

 

今回の記事は糸日谷秀幸先生著書「ミネラル&サプリメントセミナー」を参考にしました。

※このブログは診断や治療、医療のアドバイスを提供しているわけではなく、情報のみを提供しています。このブログの情報は医療専門家からのアドバイスに代わるものではありません。

カテゴリー:日記
タグ:,

株式会社ニュー・ヘルスフーズ

[本社]
〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩1354-14
カリンビル301
TEL:055-989-1270
FAX:055-989-1271
メールアドレス

[工場]
〒421-0206
静岡県焼津市上新田919-2
TEL:054-662-1551
FAX:054-662-1552

株式会社ニュー・ヘルスフーズではお客様の健康維持のための商品を開発・販売しています。

↓