乳酸菌

タグ:"乳酸菌" の一覧ページです。

腸内の善玉菌と乳酸菌の関係2021.9.14

乳酸菌とは、腸内で糖を分解して乳酸を作り出す細菌の総称です。

代表的なものに、ビフィズス菌や枯草菌、ヤクルト菌、ブルガリア菌等があります。

乳酸菌は、悪玉菌の増殖を抑えて、腸内の環境を整えて、腸の働きを活性化します。

病原菌が腸に侵入するのを防ぎ、有害物質が腸壁に吸収されるのを妨げ、

素早く体外に排出します。

免疫力を高めたり、ビタミンをつくる働きもあり、私たちが健康に過ごせるのは、

乳酸菌のお陰であると言っても過言ではありません。

 

人間の体にはもともと乳酸菌が棲みついており、離乳期までの赤ちゃんの腸では

ビフィズス菌の割合は90%以上になっています。

ところが、年齢とともに悪玉菌の割合が増えるので、腸内環境が乱れて、さまざまな病気が

引き起こされると考えられています。

ですから乳酸菌を増やすことが大切です。

最近では「生きて腸まで届く」をうたい文句にした、サプリメントやヨーグルトをよく見かけるようになりました。

実は、口から摂取した乳酸菌のほとんどは、胃酸や胆汁酸にやられて腸にたどり着く前に

死んでしまうのです。

生きて腸まで到達するのはほんの一握りです。

 

乳酸菌は腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を退治して、腸の若返りや血液の浄化に大きな力を発揮します。

しかし、口から摂取した乳酸菌はもともと腸内に棲んでいた乳酸菌とは違うため、いずれ排泄されます。

ですから、常に補給する必要があります。

味噌や、ぬか漬け、キムチなどの発酵食品や、乳酸菌のエサになるオリゴ糖を積極的に摂るとともに

サプリメントを利用しましょう。

オリゴ糖は、大豆やタマネギ、アスパラガス、ネギ、にんにくなどに多く含まれます。

 

なお、死んだ乳酸菌も役に立たないわけではありません。

食物繊維のように有害物質を吸着して体外に排出する働きがあります。

死んでいても生きていても、乳酸菌には腸をキレイにする効果があるというわけです。

 

今回の記事は「断食しないで断食効果」を参考にしました。

このブログは診断や治療、医療のアドバイスを提供しているわけではなく、情報のみを提供しています。このブログの情報は医療専門家からのアドバイスに代わるものではありません。

カテゴリー:日記
タグ:, ,

乳酸菌で腸内の腐敗便を減らす2020.10.16

腸は汚れやす環境

日常生活において適度な温度、水分、栄養が備わっていたらすぐにカビが生えてしまいます。

これと同じように、私たちの腸内には食べかすもあるし、水分もあって、

温度も37度前後と、細菌が増殖するにはもってこいの環境です。

汚れやすいのは腸にとって宿命かもしれません。

 

しかし、腸内細菌は私たちの生命活動において必要であるため、

棲んでもらわなければなりません。

その中でも善玉菌に多く棲んでもらう必要があります。

悪玉菌も全てが悪いわけではありませんが、悪玉菌はアンモニア等の有害物質を発生させて、

身体には良くありません。

 

食物繊維がお腹に良いと言われるのは、

有害物質を絡めとって速やかに体外に排出するからです。

 

健康な人でも大腸に入った食べカスが便状になって直腸にたどり着くまで、

約10時間かかります。便秘していればもっと長くなります。

腸を健康に保つことは免疫力を維持するうえで欠かせません。

悪玉菌をはびこらせると免疫力が低下し、病気になってしまいます。

 

悪玉菌が増える原因で大きなものは肉食です。

1970年代以降食の欧米化が進み、大腸ガンが増えました。

ある本で読んだのですが、マウス実験で、高脂肪、高たんぱくの食事を毎日摂らせると、

腸内の発がん関連の悪い酵素が増えたそうです。

つまり、そのような酵素を作り出す悪玉菌が増えて、

大腸ガンが発生する可能性も高くなるということです。

 

胃は胃酸があるため強い酸性になっていますが、

小腸、大腸、肛門に下がるにしたがって酸性からアルカリ性に傾く傾向があります。

アルカリ性を好む腐敗細菌には格好の条件です。

大腸菌やウエルシュ菌などの悪玉菌は腸内をアルカリ性にする作用を持っており、

腸内のアルカリ化傾向に拍車をかけています。

これにブレーキをかけるのが乳酸菌やビフィズス菌に代表される善玉菌です。

善玉菌は腸内を酸性又は中性にします。

 

私たちの腸内に棲む細菌の顔ぶれには個人差があります。

同じ人でも腸内細菌の現状は日々変化しています。

ですので、相性の良い乳酸菌と出会える可能性は低いと考えられます。

自分に合った乳酸菌のサプリメントを探して1日でも早く腸内環境を整えていきましょう。

 

※このブログは診断や治療、医療のアドバイスを提供しているわけではなく、情報のみを提供しています。このブログの情報は医療専門家からのアドバイスに代わるものではありません。

体調を整えることと腸を整えること

カテゴリー:日記
タグ:, , ,

腸のはたらきをサポートする乳酸菌2020.10.6

乳酸菌

腸内細菌はとてもデリケートで、タバコ、アルコール、便秘、ストレスなどですぐにバランスを崩してしまいます。

それ以上に深刻なのが老化によるバランスの乱れです。

加齢により免疫力が低下するのと同時に腸内細菌も変化します。

老化による腸内フローラの乱れとは、

乳酸菌などの善玉菌が徐々に減少して、悪玉菌が勢力を強めた状態です。

 

そうなると腸自体にトラブルが発生し、風邪やアレルギーを起こします。

自然治癒力も落ちるため中々回復しません。

 

腸内をいつまでも若々しくするために、乳酸菌は日々意識してとる必要があります。

ところで乳酸菌の役割は、便秘解消や美容効果だけと思われている方も多いかと思いますが、

それ以外にも次のような働きがあります。

  • 悪玉菌の力を抑えたり、腸内フローラの安定性維持
  • 腸内の食物の消化、吸収、代謝活動を手伝う
  • 腸内の酸性度を一定に保ち、腸内腐敗便を抑える

他にも抗生物質の投与時や治療後に乳酸菌を摂ることも有効とされています。

抗生物質は病原菌を抑え込みますが、有用菌まで退治します。

それを補うため乳酸菌を摂ることが大切になってきます。

 

お腹の乳酸菌が減ると次のようなトラブルが発生します。

  • 消化吸収力のダウン

乳酸菌は腸内で糖分を消費して乳酸や酢酸を作ります。

乳酸や酢酸は消化吸収を助けます。

  • 腸内腐敗の進行

乳酸菌は悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。

これがなくなると腸内腐敗が進み、アンモニアなどの毒素を発生します。

  • 免疫力の低下

乳酸菌が減ると免疫細胞の機能が低下します。

  • ビタミン不足

細胞の新陳代謝に必要なビタミンB群を腸内で合成しているのも乳酸菌です。

ビタミンB群の不足は代謝を滞らせます。

  • ホルモンバランスの乱れ

神経伝達物質であるセロトニンをはじめ、腸内では多くのホルモンが作られます。

乳酸菌が少なければホルモンのバランスも乱れます。

  • 病原菌に感染しやすい

外部から侵入する病原菌の多くは乳酸菌が腸内でブロックします。

このブロックが無ければ病気にかかりやすくなります。

  • 腸の蠕動運動の鈍化

腸の蠕動運動は乳酸菌が腸に刺激を与えることで活発になります。

乳酸菌が不足すると蠕動運動は鈍化します。

 

こうしたトラブルが老化を早めたり、肌荒れや肥満の原因になります。

乳酸菌を意識して摂っていきましょう。

 

※このブログは診断や治療、医療のアドバイスを提供しているわけではなく、情報のみを提供しています。このブログの情報は医療専門家からのアドバイスに代わるものではありません。

 

カテゴリー:日記
タグ:, , ,

株式会社ニュー・ヘルスフーズ

[本社]
〒411-0943
静岡県駿東郡長泉町下土狩1354-14
カリンビル301
TEL:055-989-1270
FAX:055-989-1271
メールアドレス

[工場]
〒421-0206
静岡県焼津市上新田919-2
TEL:054-662-1551
FAX:054-662-1552

株式会社ニュー・ヘルスフーズではお客様の健康維持のための商品を開発・販売しています。

↓